両立できない私が悪い? 忙しい30代女性の仕事と副業がうまくいく7つのコツ

お金を増やすスキル・マインド

今の仕事もロクにできなくて失敗ばかり、残業もストレスも多いのに副業なんてできるはずない・・

私にできるはずないと、やる前から怖気づいている女性の多いこと!

 

「そんなコツコツできないよー」

「今は忙しいから無理」

「時間が無い」

 

こんな口ぐせになっている人は、きっと1年後も副業も転職も婚活もできてない・・と私は思うんですよ。

真剣に【副業】私のように【複業】にしてみたい人も、失敗や悩みながら両立していくコツを私の経験を元に7つにまとめました!

スポンサーリンク



仕事をダメにしない、ストレスフリーな副業の選び方

気分を変える仕事もいいよね?

事務職=事務職にしない。同じ業種で副業はやめる

1つめは「同じ業種は避ける」ということ。

事務職が座り仕事でラクということから、同じように副業もデスクワークにすると腰を痛めたり、パソコン作業で肩こり、眼精疲労の元にもなります。

同業種って、ストレスの元も大体同じなんですよね。

接客業なら、人間関係やお客様との関係に悩んだり、女性だけの職場に疲れちゃったりします。

 

違う業種にすることで、新しい発見や「こんなこと自分にできるんだ!」という気持ちにもなれるし、体を動かすことで体力向上にもつながります。

私も接客業と倉庫業を兼業していましたが、倉庫業はコツコツ無口…接客業はお客さんと話すなどメリハリが合って良かったです。

体力をつける方法としての副業もおすすめ

30代、アラフォー独身女性として気になるのが体力。

座り仕事は、どうしても下半身がむくんでしまって太くなりがち。筋力をつけるために高額なジムやスポーツクラブに通っているひとも多いでしょう。

月額6千円・・・を働いて、体力をつけながらお金をもらうのはどうでしょうか?

体力がないのも、3ヵ月経てば週2日でも結構体力が付いてきます。

いつもエスカレーターだったのが階段にしようなど、動くことがおっくうでなくなるのも、倉庫業や立ち仕事の特典です。

体を動かすと、精神的にも安定するので、落ち込みやすい・・自分を責めてしまう人も体を積極的動かしましょう!

メインの仕事に響く副業は選ばない

3つめは、仕事のバランスです。

副業で高額な収入を得ると、天秤がひっくり返ってしまいメインの仕事を休んだり、仕事に意欲がなくなります。

これは私の経験からですが、夜の仕事は特にその傾向が強いです。

プライベートもそうですね。

稼ぐことばかりに集中して、心配してくれる人を忘れてしまうと倒れてしまいます。息抜きも大事ですよ!

銀行口座はこまめにチェック!副業の収入額を知る

単発派遣や、ド短期バイトと言われている1日限りのアルバイトは、副業に最適ですがお給料が当日払い、翌週払いなど会社によって差があります。

働いたけど給料忘れてた・・・という事がないように、収入口座はこまめにチェックするのがおすすめです。

 

副業収入専用の銀行口座を作るのもおすすめです。

メインと分けておくことで、確定申告や会社にばれてしまったときの対策にもなります。

私は副業をはじめて最初の1年は、ブログ収入用、副業、メインのお仕事用と銀行口座、ネット口座と分けていましたよ。

稼ぐ目的、貯金目標を明確に!夢を持って副業しよう

単にお金が欲しい、それだけで副業すると長く続きません。

彼氏が出来て、ファッションとかメイク、仕草に気を遣う様に、ちょっとしたゴールがあると女性は頑張れます!

私が単発派遣をやっていたときは「コンサルをお願いする金額」「税金」が目標でした。

いくら足りないかを最初に計算して、毎月稼ぐ額を決めておきます。

例えば1万円欲しい、その時は副業をどれとどれに出勤して・・と、本当に計算していました。

めんどくさいけれど、だらだら働くほど辛いものはありません!!

達成できる目標も最初は1万円、3万円くらいにして、コツコツ副業していくのがいいですね。

仕事に応募したら、すっぽかさない

焦って何社も応募して、全部受かってバックレる・・・のはダメですよ。

私も、応募したあとで「得体のしれない恐怖」が襲ってきて、受かったのに断ったことがあります。

下調べしないままに応募して、面接が終わったあと「交通費がなぁ・・」とデメリットを見つけちゃったらもうもう!

勢いも大事だけと、大人の対応も必要!!

副業だから無理をして続けない

日本人の義理というか、30代の焦りがあるのか「一度働いたら、辞められない」とか「同じ派遣会社じゃなくちゃ」と思って手枷足かせを自分で付けてしまう女性が多い。

自由に副業するはずが、いつのまにか手足の自由が利かなくて、お金も稼げなくて・・はどうしようもない。

メインのお仕事でも私は派遣会社を何社も登録するのがいいよ、とずっと言っているんだけどね。

仕事する側は、選ぶ側。

だから、好き嫌いを言ってもいいですよね。

スポンサーリンク



在宅もカフェバイトも副業を両立するのは「好奇心」「目標額」

最後に、どんな副業も「目標」や「おもしろそう」という気持ちが大事だと思います

 

私も最初は「お金が足りない」から単発派遣や、ライター副業をしていました。

1年近く本業と掛け持ちで、やっていましたし、今でも時折応募しています。

 

私が本業とは違う仕事をおすすめする理由は

副業は大人の社会科見学

って思うとイヤイヤじゃなくなるよ、ということです。

 

思い詰めると、本業以上のストレスがくるし、仕事が出来ない自分を責めてしまうこともあります。

でも経験値ってどこかで生きてくるし、雑談に困った時に引き出しも増えます。

独身だと人の目が気になったりもします。

でも、1度飛び出してみると、自分の知らない世界や職業に触れられるし、良い人との出会いもあるでしょう。

毎日ルーティンで働くこと、それもいいけれど、人生の糧になるような仕事経験もいいですよ。

 

 

スポンサーリンク