コンサルを辞める、ビジネスに迷ってあきらめた仲間が増えて2018年に思うこと

ただの日記

私が未来型で、竹川さんや千聖さんと一緒に勉強して3年になりました。

毎年、自分の身の回りの変化や収入の増減も経験しつつ、周りをふとみると同じ顔触れは片手以下です。

ブログ1年生のとき、忘年会で屋形船に行ったことがあります。

そこに居た8人のコンサル生たちの中で2018年、いまも継続的に活動しているのは私とシノさん、あとは師匠の竹川さん、千聖さんだけ。

その事実がわかったときに、どれだけの人と「さようなら」したのかについて深く考えることが増えました。

ずっと考えていて、書きたくて、うまく形にできないけれど本当に今だから言えることを伝えたい。

いま未来型で顔を合わせる人、他の先生の元でネットビジネスや副業、ブログを学んでいる人に読んでほしい。

ネットビジネスや副業で多くの仲間が消えていった先で、残った私が思うことを辛辣に話します。

スポンサーリンク



言い訳を並べて行動出来ない人は成功できない

覚悟がある人は伸びる

うーん、書くのは難しい・・・

最初からキツーイお灸のような言葉だけど、言い訳が得意な人ほど何もやっていないと思うのです。

もちろん言い訳する、出来なかった理由を述べることは悪い事じゃないけれど、その言い訳があるうちは記事の更新もビジネスに立ち向かうこともできない。

「仕事が忙しかったから」

「予定があったから」

要するに、自立したい収入が欲しいという気持ちよりも、仕事が優先されているうちは夢は1歩も動かないこと。

仕事の合間にスマホで記事を更新することもできる、私はスマホの記事更新が苦手だから外ではノートにやることをブラッシュアップさせて、自分の中で最優先を並べ替えています。タブレットも使い始めました。

今は1日の時間が惜しくてたまらないのです。

いられるならお尻が痛くてもパソコンの前で記事を更新して音声を録って・・・すべての時間をささげたいくらいの気持ち。

 

独立したい、ネットビジネスで生計を立てたいなら面倒くさいこと、泥臭いことに向き合って行かなくちゃいけない。

バイトや会社勤めは厳しいかもしれないけれど、そこから脱出して自分のチカラでお金を作っていくには「けだるい日常」じゃいけないと思うのです。

なんとなくコンサルで言われたことだけを書く、自分のテーマ以外のことはやらないし書かないし、自分の内なる言葉は伏せていい人を出す・・・優しいだけのビジネスなら人を惹きつけることはできません。

 

いい人、いいやつ、イイ女(これは違うか)イケメン(これも違うな)流行りのSNS・・きれいごとだけでは、お金は入ってきません。

情報が蔓延して、誰でも好きなようにモノが手に入る時代に必要なのは「文字の向こうに見える書き手の体温」です。その人が見える、おもしろいなと思ってもらえる、共感されることが一番重要なことじゃないのかな。

 

仲間と会える時間は無限ではない。もっと大事にしたい

ブログをやっていなかったら絶対出会わない人。大事にしたい。

コンサルを3年続けてきて、去年いた仲間が居なくなるのは日常茶飯事です。

私自身は、ブログの添削もコンサルティングもやっていないのですが、自分のマッサージ「いろり会」でお客さんが居なくなってしまうことも何度も経験していますし、リアルの店舗勤務で指名のお客さんが離れてしまったこともたくさん経験しました。

もちろん金銭的な面や、自分ひとりで出来る、会社員の方がずっと給料が良い、辛いのはイヤなど理由は様々です。

 

だからこそ、会える日を大事にしたい。

同じフィールドで努力している人から学ぶこともたくさんあるし、その葛藤や悔しさ羨ましさ疎ましさ・・・色々な感情も経験しないともったいないと思います。

 

2018年は、未来型の竹川さんとドゥマゲッティ旅行ができたり、シノさんとブログ関係なく女性としての生き方をファミレスで何時間も話したり、こんきちさんとオタク最高だぜイヒヒヒってフードコートでまったりしたり・・・

私が会社員として普通に生きていたら、離婚せずに子供がいたら、絶対見れない景色をたくさん見ることができました。

もちろん、時に落ち込むこともあります。1年の半分は悩んでいるし、将来の不安でふて寝しています。

仲間と会える時間は無限ではありません。

もし、私が辞めてしまったらこの人達と会えなくなる・・・

あの人がコンサルから離れてしまったら・・・

こんなことを考えるようになっていたら、ブログやビジネスを通じて知り合った人達に1回でも多く会って色々なことを話したいと思うようになりました。

 

コンサルを続けるために、自立してお金を増やしていくというのも私の目標の一つになってきています。

スポンサーリンク



キレイなままでは自立できない。飛び降りる覚悟はあるか

自分には向いてない、好きじゃない、でも何をやればいいのかわからない、でもお金は欲しい・・・私もそんな時期があります。

 

キレイごと言ってたら、ずっと今のまま。

今より下の生活になることもある。

じゃあ、向かい合ってみなよ

なぜやらないの?

リミッターはずしてやってみればいいじゃん

なぜやらないの?

たった1年で全てわかるはずがないでしょ!

ダラダラしてたら置いて枯れるよ!

 

副業だってそう。自分の世界やお財布の中身、収入を変えたいなら飛び出してみる。言い訳はそこからでいい。

自分で行動しないで、人に聞いてばかりで全てわかったような気になっていては経験していないのと一緒。

私がこの気持ちになったのは、初めてトレンド記事に立ち向かうことになったいま「時間をチャンスに変える」ことに立ち向かって、どうしても自分を1つ上のステージに行きたかったときに、コンサル生や友人を見て強く感じました。

制限された時間の中で、どれだけ自分ががんばれるのかにチャレンジしたとき、周りの景色が少しゆっくりに見えたんです。

まだまだ、37歳、夜更かしはキツイけどやってやる!励ましてくれて、支えてくれる人たちに少しでも恩返ししたい、成功した私を見せたいです。

 

おわりに

長々と書いてしまったわ・・・・要約すると

  1. 時間は無限じゃない(お金も)
  2. 言い訳するなら行動したらいい
  3. 先生や仲間に会う大事さ

現実は無残です、今やっていることに言葉も成果も残してくれないかもしれない。

でも、1年後2年後に後悔するなら「いま失敗して反省」するほうがいい。離婚して、人生に失敗したと世間で言われている私だから本当に人生を使い切ろうと思いました。

 

私の好きな刀剣乱舞のミュージカルに「誰のモノでもない人生」という曲があるのです。

うまくいかないことばかりで 投げ出したい時もあるけど
誰のモノでもない人生 君の立っているその人生
笑わせんな 甘えてんな 良くも悪くも全部 君のせいだ

この歌詞のように、甘えてんな!自分の人生だろう!と年齢や性別も関係なく進んでいきたい。

ふと倉庫業で初めての女性リーダーになったときも、男だからとかイヤだ!私はやりたいんだよ!と反対意見を振り切って立候補して壮絶な場所に突っ込んだことがあったなぁ。

苦しいときでも、諦めないでほしいし、先生や仲間をもっと頼っていいんだよと伝えたいです。

本当に2019年も頑張りたいぞ!!!

 

では!今日はこのへんでー!!