うまくいかない時があっていい。お散歩マーケティングで学ぶ週末副業のヒント

かんたんマーケティング

副業がお金にならない時間はどんな誘いがあっても「いや・・私まだ会えるほど稼いでないから」と無下に断ってしまって、一人で引きこもりがち。

周囲に副業をしていると話していると「収入はどのくらいなの?」とか聞かれても収入が雀の涙ほどで、恥ずかしくて・・と躍起に空回りしていたのが私です。

 

1年のほとんどは、うまくいかない日ばかりじゃないですか?

そんなときは、お散歩です!!!!

うまくいかない時も、いいことが引き寄せになるかも?お散歩マーケティングを上手に回れるヒントについてです!

ぜひ、近所のスーパーや昔懐かしい商店街などで実践してくださいね。

スポンサーリンク



お散歩マーケティングはオタクが得意な妄想力で「お客様」になる

今までお散歩コンサルに行くたびに色々な気づきをもらいました。

  • 七福神を巡る
  • 群馬のイオンと埴輪の里を訪問
  • 前橋のシャッター商店街
  • 都心のイオンと商店街の共存
  • 伊豆大島で復興を考える

前回はイオンでのお散歩コンサルをしたのですが、ガチャガチャが以前の場所から無くなってしまったことに悲しんだりしました。(フードコートにあるというのは、とても良いと思うのだけれども・・)

竹川さんはよく「遊びじゃなくて、これは勉強だよ~」と言ってくれます。

気持ち次第では「いやっほーい!」と遊びな気持ちになりますが・・・

もちろん遊んでもいいんです、でもその心の奥にある自分に問わなくてはいけません。

「なぜ、楽しいと思えるの?」

「なぜお金を出して買うの?」

「これを買ったら、投資? 浪費? 投資?」

と常に問いながら、そしてお店が忘れてはいけないお客様へのメッセージ=本当の気持ちというものが、副業やフリーランスとして働く私たちに最も必要なことでもあるんです。

そうです、オタクが得意な妄想の世界をここで発揮するんです!

妄想は、BLだって百合だっていいのです・・・(天の声)

スポンサーリンク



赤い糸がみえる!浪費じゃない価値を見つけるためのヒント

赤い糸見つけたい!

マーケティングゥゥというと何だか難しく感じますが、実は日本人にはとても身近な「おもてなし」に近いものなんですよね。

本当に来てほしいお客さんのために、何をすればいいのかを考え抜く。

万人に対して、お金が欲しいからと道を外れてしまうと、良く言う「手広くやりすぎて、よくわからない」お店になってしまうんです。

お散歩コンサルを受けてきて、私も赤い糸を見つけるコツが少しずつ分かってきました。

流行と個性を間違えない

本当はコアなファンがいるのに、デジタルが流行しているからという理由だけで、アナログレコードの販売を辞めてしまうレコード屋さん。

本当は素敵な自然素材の洋服と、似合う靴を置いていたのに最近お菓子やアクセサリーばかり増えているお洋服屋さん。

 

スーパーは総合店なので、色々なものが置いているのが良いとされています。

でも、街中の小売店がみんな同じような品揃えになっていたら、果たしてその場所で買う価値があるのかどうか?ですよね。

 

ハイセンスな大型ショッピングモールも良いけれど、日本らしい小ぢんまりとしたコミュニティがある商店街の方が良い、副業こそ自分のやりたいことをしっかりと明確化しておくことが、長期視点で収入アップにもつながると教わりました。

流行に乗っても、いつかは終わってしまったり入れ替わるものです。

自分が好きなこと興味のあることの方が長続きするし、今お金使っちゃったーと思っても将来的に投資になりますよ!

キラキラは似合わない。そっとおもてなしの茶菓子があればいい

欧米化が止まらない日本は、イベントがどんどん前倒しになってきて9月1日からハロウィン商品が並んだり、まだ3ヵ月あるのにカレンダーがぐいぐい並んでいます。

私的には、月日を愛でる暇がないほど「はいっ、はいっ!」とわんこそばのようにイベントばかりで、もう落ち着きません。

季節のうつろいをゆっくり感じたいのに、ほらほら!イベント乗り遅れてるよ!と言われている気がします・・・

そんなときでも、ちゃんと季節の色や形って受け継がれていてスーパーや本屋にはちゃーんと残っているんですよね。

 

本屋さんは、どれだけチェーン展開していても地域のマーケティングをしっかりやっているところは、店頭をみると客層が分かります。

雑誌が多いのか、児童書や参考書か、売れ筋の本の並び方もよく見ると面白いものです。

 

ファッション系や、節約系なら女性や主婦層、ドリルや図鑑なら小学生を連れたお母さん・・・昼間の集客がおおい店は、高齢の方が読むような経済系や哲学の本が手前にあったりします(英訳とかね)

ギラギラした流行ばかりを並べるのではない、ホントに来てほしいお客さんのために読んでほしいものを入荷しておく。

「いつでも置いてますよ」な感じを見つけるとほほえましいですね。

 

まとめ

歩いていると、何かしらお店や神社に出くわします。

コンビニや学校前の文房具店も、良く見ると「理由があってその場所にある」ということが分かります。

その理由ってなんだ?と考えると面白いものです。

 

実は、この「赤い糸を結ぶ思考」が出来ると副業をやるときにとっても役に立つんです!

お客さんが居ない副業でも、お金を稼ぐことの最終目標ってありますよね。

○○に行きたいとか、△△の学校に通いたい、××円貯金する!とか・・その目標と稼ぐことが赤い糸なんです。

もちろんお客さんがいる副業、私のように週末せらぴすとをしたり、ネイルやハンドメイドをやってみたい人は赤い糸がもっと鮮明に見えてきます。

 

自分の想像だけでは、一辺倒になりがちなマーケティングを妄想を柔らかくしておくことで、閃きが生まれるようになります。

トライアンドエラーなので、正解よりも行動を何度もしてやっと「ちょうどよい塩梅」が見つかる感じです。

 

過去の偉大な発明家や、研究家もみーんな閃きと失敗を繰り返してお仕事を成功しています。

だから、怖がらずに外へ出てみるのがおすすめです!

副業でうまくいかなかったり、思う様に収入があがらないときこそ、引きこもらずに外の空気をすってくださいね!

 

ではでは!読んでいただきありがとうございましたー!

 

 

スポンサーリンク