【ワンタップバイ】初心者が1万円ぽっきりで始めたミニ株投資の始め方

タイムカプセル投資

投資って、怖いし成功する人は選ばれたニュータイプくらいの人材と思っていました。

だから、勉強キライ数字苦手、成績とか結果にびくびくする私は投資は向いてない・・と敬遠してたんですよね。

 

昔は株投資はお金(資産)がある人の余興だったけど、今では知識と勇気があれば少額からでも投資活動ができると聞いて、1ヵ月うーーーんと悩んでやり始めたのが

ワンタップバイでっす!

少額、なんと1000円から投資が始められる、そして安全性も高いワンタップバイを投資初心者のアラフォーが初めてみました。

今回はワンタップバイの始め方を画像を使ってご紹介します!!

ミニ株やワンタップバイを投資超★初心者が解説!する記事はこちら(準備中)

ワンタップバイはミニ株を始めるのも入金もスマホで投資生活できる!

ワンタップバイを始めて、すごいなーと思ったのが「パソコンが無くてもスマホだけで申込みから入金、配当チェックまでできること」でした。

もちろんパソコン版もあるのですが、PC版はちょっと画面が重たい印象があります。

スマホの画面はサクサク動いて見やすいので、相場チェックだけでもアプリダウンロードすると良いですね。

まずは、スマートフォンで「ワンタップバイ(one tap buy)」をダウンロードします。

私は配当金で株を始めたかったので、アプリは米国株にしました。

ダウンロードは無料です。始めるための手数料もかかりません(初期の資金が必要です。それは後ほど・・)

口座開設するとき必要なものリスト。お金は少額で大丈夫!

  1. 身分証明書やマイナンバーカード

そう、身分証だけでいいのです・・!

簡単すぎると思って逆に怪しんだくらい!

申込みでは、身分証明のみでその後に口座開設完了のお知らせが自宅にハガキで届きます。投資の資金はハガキ到着までに準備しておけばいいので、最初が簡単すぎて投資女子もやっている人が少ないのが残念・・。

公衆wi-fiでの申し込みは危険!

申込みの前に、注意事項がひとつ。ワンタップバイの申し込みは個人情報を含むマイナンバーカードや免許書の画像を送信します。

そのため、公衆wi-fiなどのスマホがハッキングされてしまうような、暗号通信がない状態のサーバーを使うのはやめておきましょう!

スマホに残した個人情報が見られていることも現代では、十分にあり得る話です。撮影と送信には十分に注意してくださいね!

初心者女性ができちゃった!ワンタップバイの口座開設方法

ここから、画像を見ながらワンタップバイでの口座開設、申し込み方法をご紹介します。

クリックしたからいきなり購入!という訳ではなくて、お試し投資というのがあります。

デモ取引とは・・・お試し取引。自分のお金は全く使わず、損もしない(得もしないけど、架空で得な気持ちになれる)

ぜひデモ取引してみましょう!

デモ取引では、自分の好きなモノに合った銘柄をAIを使った診断で選んでくれます。

私が選んだ言葉は・・のちほど動画で答えを公開!

ワンタップ、というくらいなのでタップしながら操作がスイスイ進みます。

米国株で有名な株ばかり!ひょえー!

信じられないのが、日本でも超超有名なマクドナルドやスターバックス、コカ・コーラなどの株がずらりならんでいるではありませんか!

これは、デモ取引だからではなくワンタップバイで本当に買える米国株の一覧と全く同じです。

金額などを入力して、デモ取引をやったら次に申込みに進みます!

初心者こそ好きな銘柄に少額投資してみよう!独身女性に人気の銘柄は・・?

初心者は自分で選ぶのががおすすめ

ワンタップでは米国株の投資には2種類あります。

  • 自分で企業を選ぶ「個別米国株」
  • 米国市場全体に投資する「まるごと米国株」

2つめの市場全体への投資は、1企業へ投資をするのではなく米国市場全体にETFという金融商品の売買をして、取引します。

これは、投資の仕組みや金融商品、専門用語の勉強が必要になるため、今回は投資していません。

私は個別米国株を選びました!

口座開設の手続きに進むとこんな画面になります。

最初に流れの説明があるので、ここで身分証明書が手元にあるか再確認しましょう。

マイナンバーは通知カードでは利用ができないので、写真付きのカードにしてくださいね。

米国株を購入するため、アメリカに関する質問があります。その他に自分の住所や氏名、投資の目的なども質問されます。

こんな感じで、資産状況もあります。

私のような「あんまりお金のない、でも少額から始めたい独身女子」の投資なら大体の答えは考えずにサッとできる・・くらいの資産ですね(汗)

全ての記入が完了すると、申し込みボタンが出てきます。

その後、口座開設完了のごあんないが封書、簡易書留で登録住所に届きます。登録メールにも審査の過程が出るので、もしも審査に通らない時はここで申し込みがストップします。

簡単に、デモ取引の流れを動画にしています(音声はありません)

ワンタップバイ口座で審査に落ちることはある?

ワンタップバイも、株式口座、証券取引口座のひとつなので審査はありますし、落ちることもあります。

審査内容は明らかになっていませんが

  • 反社会勢力に属していないか
  • 上場企業に勤務しているか(インサイダー取引)
  • 申し込みの個人情報の照合

などが基本的な内容だと思われます。

中には、架空の住所を使っていないか実際にチェックにくることもあるそうです。

表札の確認だけらしいのですが、普通に正社員をしている人だったら後ろめたいことはないので怯えなくても大丈夫!

よく、資産状況や収入などで落とされると思われていますが、投資は口座開設後に入金して初めてはじまります。取引する余力がない人は、まず口座開設ができませんのでこの段階で、審査に落ちることは稀でしょう。

いちばん重要視されているのは、上場企業への勤務と反社会勢力へ加担していないのか。これらのチェック項目はありますが、チェックをしても企業間では情報が共有されており、要注意人物だった場合は審査が通らないこともあります。

インサイダー取引とは・・・会社の重要な情報を知っている社員が、その情報が公開、公表される前に自社株を買い付けして売買すること。

まとめ

手元に資料さえそろっていれば、30分もあれば初めてでもワンタップバイの口座を開くことができます。

  • スマホ1つで簡単に口座申込みできる
  • 米国株で個別が初心者にはおすすめ
  • 口座を開いたら毎日郵便受けを気にするべし!

ワンタップバイの口座を開くときは、アクセストレードから口座開設すると自己アフィリエイトできてお得です!(期間限定)

≫アクセストレード 新規パートナー登録はこちらから