白色申告と青色申告の違いが分かった!還付金で喜んではダメだ…反省

確定申告

私・・・確定申告について間違った解釈をしていました。

恥ずかしい話、税金がお金として戻ってくることが一番いいことだと思っていたんです。

還付金が手元にいくら戻ってくるか、沢山戻ってきたほうが良い!みたいな。

でも実際は全く違っていて、本当のメリットは税金が安くなることなんですね!ああー!

私はなんて勘違いをしていたんだろうと恥ずかしくなった話。

白色と青色って全然違っていたんだね・・・

スポンサーリンク



【超図解】青色申告と白色申告の違い

難しいことが嫌いな私が、超カンタンに白色申告と青色申告を一覧にしてみました!!!

税務が苦手な私が解説してみます

税金控除の額

これが一番大きいメリットなんですよね。

最初は控除の良さが分からなくて、白色申告を初めてしたとき、住民税がグッと安くなって「これが効果か!」と目からウロコでした。

白色申告:基礎控除38万円のみ

青色申告:基礎控除38万円(48万円) + 特別控除65万円(55万円) = 103万円

※2020年分の確定申告より基礎、特別共にカッコ内の金額へ変わります。ネットから電子申請をすれば、従来の特別控除65万円がそのまま受けられます

青色申告にすると、1年間にかかった控除として103万円差し引いて計算できるというメリットがあります。

◆控除と免除の違い◆

控除は、引き算のこと。税金の対象金額から◯◯円引いた額ということになります。免除は、解除または停止を指します。例えば「一部支払いが免除」となった場合は、一部の支払いが停止になるという意味です。

白色申告は慣れればかんたん

申告の簡単さで言えば、白色はかんたんです。

慣れるまでは毎月の経費計算や、経費仕分けなどが面倒ですが、自分なりのコツを見つけるとスムーズにできます。

その分、青色申告はより細かく帳簿をつけたり、領収証も必要になってくるので最初は大変です。

事前に届け出が必要なのは青色申告

白色申告は、特別税務署に告知の必要はなく誰でも自由に確定申告ができます。

青色申告をするには、開業届+青色申告承認申請書を税務署に提出→承認されないとできません。

青色申告の提出書類ってなに?と思ったらこちら

青色申告は節税効果がバツグン

白色申告でも、それなりに節税効果があるけれど、制度を利用するなら絶対青色申告です。

フリーランスだと、経費や交通費、打ち合わせの食事代とか経費もかかる中で、翌年の税金を沢山払っていたら貯金が貯まりません。

私が青色申告の節税について真面目に考えたきっかけはこの後にお話しします。

特典プレゼントがある

フリーランスに関わるのが、赤字が出た年を繰り越せるという「損失申告」という特典です。

赤字が出た年の金額を最長3年繰り越せる。

翌年以降、黒字になった時「黒字金額ー赤字金額=今年度の課税対象額」ができるので、節税効果が生まれます(条件あり)

白色申告にも同じように赤字を繰り越せますが、一部の金額しかできません。

今年白色で赤字決算になっても、青色申告に持ち越しもできませんので注意して下さい。

 

税金額の違いを数字でチェック→尻に火が着いて青色申告にダッシュ

私が「ヤバイ!青色にしないと!」とおしりに火が着いたのが個人事業主の税金シュミレーションを、仲間に教えてもらったことです。

初めは「ふふーん」くらいで聞いていたけど、実際に税金額の違いを見たら「すぐやる!いまやる!帰る!」くらいに焦りました。

実際に、収入や経費を入力したら出てきたのがこちら!

2018年度の確定申告をベースに計算してみたところ、完全に青色のほうがいいという結果に・・・・白色で終了したので、これだけくるんかーという恐怖と来年はどうしようという不安がこみ上げてきました。

不安な時には、恥ずかしがらずに誰かに打ち明けてみるのがいいです!!

私もお金の悩みや税金、話すのが恥ずかしいと思っていた確定申告を、未来型の竹川さん、千聖さん、シノさんという相談できる先輩たちに正直に打ち明けられたことが転機になりました。

同じようにフリーランスで、お金に向き合ってきた人の話とかやり方は本当に参考になるし、こちらが真剣だと親身になってくれて信頼度もアップです。

フリーランスでブログやマッサージなど、好きなことで仕事をする分、どこかでしっかりとお金に向き合わないと一人で悩むことになります。

この人の話は信頼できそう!そう思ったら、どんどん取り入れてトライアンドエラーしてみてくださいね。

税金額でびっくりしたのがこちら→個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション(外部サイト)

 

まとめ

結論として、大変だけどフリーランスは初年度から青色申告にしたほうが絶対にいいぞ!ということです。

高額な税金を払うのは、本当に苦しいですし、生活費と同じように生きていく上で無視できないお金です。

申告は大変ですが、その分税金が安くなるメリットがあります。

税金が安くなれば、毎月の収入からヒーヒーで税金分を捻出する苦労がなくなるし、税金の手間みたいなものや経理、所得税に強くなります。

浮いたお金は貯金に回したり、フリーランスとしての技術や知識アップに回すことができたら嬉しいですよね。

 

私も思っていたのは、収入が低い私は青色申告してもムダなんじゃないかと信じていました。

税金のシュミレータを使って現実に分かったのは、収入が低い、高いは全く関係がないってことでした!

収入が200万円のフリーランス1年目なら、税金が0円になる可能性だってあります。白色なら支払うかもしれません。

ここで違いを学んでおいて、ぜひ確定申告に役立ててくださいね。

青色申告にするには何を提出すればいい?という疑問はこちらへ