【生き方まとめ】お金と向き合って人生をやり直したら、独身も嫌じゃないって思えたよ

まとめシリーズ

生きていると、恐怖を感じることがたくさんあります。

アラフォーの私にとって恐怖とは、どこまで続くかわからない黒い夜のような将来という海原です。

 

溺れるんじゃないのかな、浅瀬か深いのかわからないな、誰も呼びに来てくれない・・兄弟のいない私にとって将来というのは、自分の存在すら見えなくなるほどの闇が怖くて怖くて仕方ありません。

その気持ちは、ブログを書いている今でも時折フッと湧き上がってくるんだけど、以前より穏やかな気持ちでいられるようになりました。

 

何度も、怖いものと向き合う経験をしたことが私を活かしてくれました。

それは離婚してからずっと抱えてきた、収入や支出、貯金額と向き合わなくちゃいけないという気持ちでした。

 

その黒い気持ちや、収入が少ない時期があったからこそ感じた独身の私の生き方を、一度に読めるページを作りました。

 

 

離婚した直後、副業として転売もやってみようとしたけれど、男性に「好きになってほしいから」だけの安易な気持ちでした。

→ 独身で低収入だった35歳女がせどりじゃなくて「ブログ」を副業にしたのは恋のせい

 

単発バイト、派遣事務、それでも生活レベルが下げられなかった。そんな時に考えた人生をあきらめる方法。

→ 独身女性の格差…収入が!お金が!給料が低いときに考えた悪いこと

 

会社も人間関係も、すべての人に合わせようとすると自分を責めてしまう。上手に感情をコントロールできない私から抜け出せたのは?

→ 私、マッサージできません…セラピストに向いているか悩んだときに思い出すこと

 

アラフォー独身、怖がる理由はたくさんあっていい。ダメな自分こそ実は魅力があるって知っていますか?

→ オタクで人見知りの私が感動した、大人の仲間外れこそ大事な経験

 

まだ生きる時間の方が少しだけ長いわたしたち。ホリエモンのスピーチで「独身女性の生き方」を考えさせられたはなし

→ 30代は間違いなく「弱い」女。お金も結婚もない私が40代へどう生き方を乗り越えていけばいい?

 

 

もう無理だと思っても、人生は続いてて明日が来て太陽が昇って、夜がきてお風呂に入る。

自分はお金もないし、収入だって、と「でも」「だって」「私なんて」と言っているうちは悔しいけれどシンデレラになれないのです。

 

シンデレラは怖かったけど、舞踏会に行くことで愛を掴みます。(あとお金もつかんだと思うのよ。玉の輿・・)

 

自分を起こしてあげるのは誰でもないあなた自身しかいません。

 

私は小さなエールしか送れないけれど、いつでも勇気を持ったあなたの背中を押してあげることができます。

怖い、失敗したくない、うらやましいって気持ちは吐き出したほうが絶対に自分のためなんです。

言ってしまうと、胸の中から少しだけ捨てることができるんです。

 

このブログや私の生き方が少しでもチャレンジする勇気や、失敗しても大丈夫という気持ちに繋がったら本当にうれしい。

どんな生き方だって、正解も不正解もありません。

失敗だって、何度してもいいんです。

私が33歳から、人生やり直してお金に向き合って、いま不安を穏やかに受け止められるようになった事実だってあるんですからね。

 

記事のひとつひとつがどこかでお役に立てたら嬉しいです。