ブログで顔出しする危険を乗り越えて素敵なお客さんと巡り合った話

コンサル・勉強会

4月の未来型グループコンサル(通称グルコン)で、動画を取る=顔出しするとお客さんの反応が変わるという話題が出ました。

私も最初は自分の顔写真を載せるのはイヤだったし、後ろ姿とかイラストだった頃もあります。

アラフォーブログを4年書き続けている今は

  • プロフィール写真
  • 自己紹介動画
  • 隔週ラヂオで音声を配信
  • 交流軸で実際に会うビジネス

自分の顔も声もすべて出して活動しています。

未来型の中でも、ここまでやっているのは数人しかいませんし、多分めちゃくちゃハードルが高いことだと思います。

だけど、フリーランスやビジネスとするときに顔を出すこと、声を出すことでグッと近くなって収入が変わる。その考えを書き留めておきます。

スポンサーリンク



自分の顔が嫌い、声がキライだからこそ発信して顔出しした

私がプロフィール写真に自分を載せられるようになったのは、私のやっているビジネス(集客)内容が大きく関わっています。

独身女性のためのセラピストとして、1人のためにマッサージをしたいとブログを使ったビジネスを始めました。

ブログ開設当初は確か自画像イラストだったと思います。

でも、対面してマッサージしたいという人が顔出ししてなかったら怖いですよね。相当文章で惹きつけないと、自分の形を相手に伝えるのは難しい。

私がプロフィールで顔写真を出したのは、お客さんに信頼してほしい気持ちからでした。

でも、知らない人に自分の顔をさらすなんてやっぱり無理だったんです。

写真うつりが悪い私。ブログに顔出しするのは恥ずかしい

困ったのは、昔から写真写りが悪くて、良い笑顔が全くない自分が大嫌いだったために写真が無かったことです。

みんな良い顔で写る集合写真では大抵目つぶりしていて、せっかくの思い出を台無しにしたり、目がクリッとしたカワイイ女子と映ると目が開ききっていない自分に嫌気がさす・・・そんなことばかりだったので、手元には、プロフィール写真にできるようなものが何一つありませんでした。

だから、1年くらいは「写真がないからプロフはイラストのままでいいや・・」と放ったらかしでした。

 

でも、お客さんを招き入れたいのに自分は身元不明って変ですよね。私だったらそんなマッサージ屋さん行きたくないですし、出来れば自分に合う人のところでマッサージ受けたいです。

お客さんに信頼してほしい、ただそれだけのために自分で写真を撮って(多分50枚は撮った)動画を撮影して、見えないブログでも見える人がいるということを知ってもらうために壁を壊していきました。

ブログで顔出しは危険もある

これは今でも怖くないと言ったらウソになります。

一応(?)女性なので、自分の顔をインターネットの海に投げ込むことで何かあるんじゃないかと思ってしまう。何かって漠然としているんだけど、友達に見られたり、疎遠になっている友達に発見されて質問攻めにあったり・・・

もちろん、ストーカーや変な人からの危険からは常に身を守るように文章には気を使っています。

例えば、住んでいる場所や部屋の写真、インスタグラムなどのSNSへの連携をしない(そもそもやらない)プロフィール以外では顔写真を掲載しないなど、マイルールは必要です。

友達に身バレするのが怖い

身バレ=身元がバレてしまい、友人知人や元担任、教授、恩師・・・色々な人に自分のブログや考えを知られるのが怖いこともあります。

私も、最初はfacebook、Twitterとブログが連携していたので「友達に読まれている」意識が非常に強かったです。そうすると、なかなか本心が書けなかったりしてもどかしい。常に怒られたらどうしよう、友達からクレームきたらどうしようと怖かったです(特に恋愛、結婚関連)

だから、クレームが来ないようにSNSにブログ更新を載せなかったり、facebookを退会して自分の成長(収入アップ)を引っ張る余計な感情は全部捨てました。

ネットビジネスやブロガーという立ち位置を理解してくれない友達なら、私からさよならしたわけです。

身バレしないようにキラキラした自分を演出したときもあったし、自分の書いた文章のせいで仲の良い友達が離れた経験もあるので怖さは今でもあります。

収入が少ないとか、離婚しているとか、不倫経験があるとか、フリーランスなのに単発バイトやっているとか、オタクとか・・・自分の中のネガティブは知られたくない、弱い自分を見せたくないんです。

もちろん感情は揺れ動くから、弱い自分はダメだってしょっちゅう考えてる、だけど自分やお金や過去と向き合って乗り越えていくと少しずつ変わって「問題はそこじゃない」ことが分かるようになりました。

スポンサーリンク



まとめ

極論だけど、自分のことなんて誰も見てないんですよ。

だって自分自身すらまともに見たくないのに!

私の表ブログには、よく企業さんから問い合わせがありますが、プロフィール写真についてコメントした人は誰一人いません!

記事によっては動画もあるけど、全くコメントなし。むしろ記事内容もスルーで自社の案件をアピールばかりです。

写真やプロフィールをきちんと読んでくれている人は、メルマガ読者さんだったり実際にお会いするような濃いお客さんです。

ブログからリアルでお会いするようなビジネスをやっているけど、写真や動画の雰囲気や話し方で共感できたから応募したと言ってくれる人がとても多いです。

 

文章だけで、人柄を表現するには相当のライティングスキルがないと難しいです。自分らしさを出していくには、たくさん書かなくてはいけないし修正も倍以上必要だと思います。

ビジネスっぽい話になるけれど、お客さんとの信頼をグッと近づけるのは、想いのこもった動画や手紙やブログ内の写真とかイラストです。

特に動画や音声はナマモノ。あ、この人イイなって思ってもらえる最高の材料です。

キライな自分を出してみたら、そんな自分を好きだと言ってくれる人が現れるのがビジネスの面白いところです。

そういえば、竹川さんも自分の声がキライで音声や動画なんて嫌だったと話していたけど、嫌な個性ほど人に好かれるってこともあります。

 

顔出しだって、1ヵ月だけ出してみてやっぱりいやだ!ってなったら外せばいいし、動画も辞めたらいい。

だけど、やる前から諦めてチャンスやアドバイスを頭ごなしに否定するのも、成長を止めてしまうようでもったいないと思います。

だまされた!なんて人だ!って思うくらいの気持ちで挑戦して、失敗してもフォローや受け止めてくれる人がいるからどんどんやったらいいのにな。

 

長くなってしまったけれど、この辺で!

 

 

スポンサーリンク