おづまりこ「おひとりさまのゆたかな年収200万円生活2」節約レビュー

ブックレビュー

おこんにちわ!アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです!

以前紹介した、漫画家のおづまりこさん著書「おひとりさまのゆたかな年収200万円生活」

私の中では、袋分け家計簿だったり「家計はゆるくて大丈夫」という意識を変えてくれた本でした。

シリーズの最新作が出ると、おづさんご本人のSNSで知ったので早速楽天ブックスで予約!

発売日当日に手元に届きましたので、その感想とレビューを残しておきますね。

この本をおすすめしたい女性
  • 一人暮らし(独身)
  • 年収が150万〜250万円
  • フリーランス業
  • コミックエッセイが好き
  • キラキラしている本は苦手だ
  • 自分で真似出来そうなレベルがいい

ではいってみましょうー!

 

年収200万円派遣OLだったおづまりこさんの節約本の感想

上京して10年間、年収約200万円の派遣OLだったおづさんが描く「おひとりさまのゆたかな年収200万円生活」第2弾!
(本折り返し部分より引用)

本の中でもおづさんが話していますが、フリーランスになった現在は年収200万円を超えているそうです。

しかし、年収が上がっても200万円以内で暮らしているというスタイルがとても好感が持てるんです。

中を読むと、ものすごい等身大のアラサー女性がいて思わず癒やされちゃう。

流行している「物をもたないくらし(ミニマリスト)」を推奨していないのもいい。

もしかしてコレクション好きなのかな?と思わせる一面もあったりして、オタク気質のある私でも最後まで嫌がらずに読むことができました。

アラフォーオタクはミニマリストになれない

ミニマリストは部屋がスッキリしてて、キレイでいいなーと思うんですよ。掃除もラク、引っ越しのときサッと動けそうだしね。

お部屋の写真はどこを切り取ってもインスタ映えするじゃないですか。

使わないものを貯めこむのは悩みどころだけど、オタクな私はあれこれと集めたくなる性分。自分の好きなものを色々置いておけるのが一人暮らしの醍醐味だと思うからアラフォー独身一人暮らしの私にはきっとミニマリストは無理だなと。

私の家、オタマトーン並んでますからね。

おひとりさまの突然の買い物欲! 浪費する前に考えよう

「おひとりさまの年収200万円生活2」の中にあった、かわいいとか欲しいと思ったものを、一端スマホに取り入れて冷静になる話はとても参考になりました。

一人だど買い物に対してブレーキをかけられないし、クレカがあれば買うことができちゃう。

1万円以上ある商品を、1週間1ヶ月熟成させて見直す、そこでまた買いたいと思うかはめちゃくちゃ大事だと思いました。

 

年収200万円を超えてもおづまりこさんが節約を続けるのはなぜ?

おづまりこさんが本の中でも描いているのが、節約をしすぎて辛かったことがあるという話です。

うどんばっかりの毎日・・・

安い500円のシャツ・・・

 

もちろん、収入が低いうちは多少の節約も必要だと思います。

節約=苦しいってイメージがあるから、しめつけ過ぎない節約法をコツコツ編み出してきて「続けられそう」な管理法を続けている結果が本には沢山載っていました。

やりくりする達成感とか面白さをみつけたと本でも話していましたね。身の丈にあった節約法って大事です!

お金って目標が立てやすいし、目に見えて結果がでるので節約も自分に合った方法を見つけるとぐんぐん伸びます。

私がお金ブログで伝えたい「お金に向き合うと人生が変わるよ」ということにピッタリなのです!

おづさんもたくさんお金に向き合ったに違いない・・・

ゆるい節約にも年間計画や誰かをマネることが大事

おひとりさまのゆたかな年収200万円生活2では、1冊目に比べて生活やリフレッシュ方法、お部屋のことが多いので私が期待していたお金の話は多くありませんでした。

うーん、残念。フリーランスとしてどんな管理方法をしているのか知りたかったですね。

確定申告とかどうやっているのかな・・?

 

見やすいマンガテイストのコミックエッセイだから、200万円をどうやって年間でふりわけて生活しているのかもイラストが入ってて読みやすいです。

そうそう、私がおづさんの本で真似したのがエンタメ費をつくることでした。

おづさんは外でライブや展覧会に行くことが好きなので月に5,000円×12ヶ月=年間6万円の予算を作っているんですよね。

これはいい!と思って私の口座管理の中にもエンタメ貯金というものを作りました。

 

フリーランスにありがちな年収200万円生活を一人暮らしで楽しむコツ

前回の本を読んでいなくても、おづさんのお金管理法がぎゅっとおさらいされているので2冊目からでも充分楽しめる内容です。

もうイラストがかわいいんですよ! 私が好きな鉛筆タッチで書かれてて、オールカラーで1,100円てお得すぎな本です。

もうひとつおすすめなのが、オールイラストなので節約や家計簿が苦手な人が最初に読める実用書としては最高!!

おづまりこさんご自身が使っているものを惜しげなく紹介してくれるので、雑誌でカバンの中身特集とか見る人は多分好きな本だと思います。(もちろん私も)

 

しめのひとこと

本の最後のほうに「おたのしみ編」として大阪に一人旅行に行かれた時の旅費や、宿の話が載っていて思わず私も大阪行きたいー!と思いました。一人で色々と食べ歩きしてみたい!

ひとり暮らしで、毎日お金のことばかりに追われているとついリフレッシュする時間すら「節約しなくちゃ」「働かなくちゃ」って自分を追い込んでしまいます。

年収が低くても、しっかりと計画を立てながらお金に向き合って暮らしを楽しむことを教えてくれる本です。

ぜひシリーズ1と合わせて、お金や生活を一緒にゆたかにしていきましょうー!